2009年9月 読了本/読書メーター (2) - sailing day

sailing day

2009年9月 読了本/読書メーター (2)  

9月15日~9月30日 分

獣の奏者 II 王獣編獣の奏者 II 王獣編
★5。 王獣を操る術を見つけてしまったエリン。リラン達を見学するため真王がカザルム王獣保護場へ来ることになり・・・。 エリンとリランの交流を通して人間と獣の結びつき、根本的な違いを痛感させられました。自分の想いやリランにとって最良の道を考えすぎて、エリンがやつれていくのが切ないです。政治や王祖の話では、闘蛇編の謎が明かされてスッキリ。希望が見出せるラストが良かったです。
読了日:09月29日 著者:上橋 菜穂子

荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス)
★4。 ニノさんの強力なライバル・アマゾネスが登場!! 後ろの金髪天狗が気になります・・・。毎回濃いけど7巻もスゴかった。村長の「かぱちゃんハウス」に行ってみたいです。
読了日:09月29日 著者:中村 光

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
★3.5。 インドのデリーからイギリスのロンドンまで乗合いバスで行く、と決め旅に出た「私」。格安航空券のストップオーバーを利用し香港・マカオを訪れた私は・・・。 日程を決めず旅をすることの自由さがよく描かれています。中でも香港のフェリーが興味深く訪れたいなぁと思いました。「私」のように臆せず様々な人種・場所と触れあえる人にも憧れます。
読了日:09月28日 著者:沢木 耕太郎

荒川アンダー ザ ブリッジ 6 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 6 (ヤングガンガンコミックス)
★4。 河川敷でお洗濯、王様ゲーム、肝試し・・・楽しく過ごすニノさんが、ついに金星へ帰る日が!? やたらと良い味を出してる秘書の高井さんと、ニノさんの告白にドキドキするリクが可愛かった^^ ユルいのに切なさもたっぷりの不思議なマンガです。
読了日:09月27日 著者:中村 光

あるキングあるキング
★3.5。 仙醍キングスファンの両親の元に生まれた王求(おうく)。王求が仙醍キングスの選手になることを信じて疑わない両親は様々な害悪を除いていき・・・。 天才的な野球の才能を持つ王求の一生を描いた作品。淡々とした性格で本人の主張する場面はほとんどないです。周りの人が良かれと思ってやったことが結局彼の首を絞めてしまい、読んでて辛かったです。強すぎて嫌われたという、昔の相撲取りの話を思い出しました。
読了日:09月27日 著者:伊坂 幸太郎

赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
★4。 妻の電話で自宅へ帰った前原昭夫が見たのは、扼殺された少女の遺体。混乱する中、彼の頭に浮かんだ邪悪なアイデアとは・・・。 どこにでもある「平凡な家族」の裏側(老人介護、家族の不和など)が描かれ、読み始めは嫌悪感で一杯でした。中盤からは加賀恭一郎刑事の鋭い判断、父親との関係が描かれ終わりまで面白く読めました。最後に明かされる『赤い指』というタイトルの意味に気付いた時は切なかったです。
読了日:09月26日 著者:東野 圭吾

LaLa (ララ) 2009年 11月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2009年 11月号 [雑誌]
★3。 そこそこ楽しめたけど、半分くらいしか読みたい作品がないです。CDは聴く予定なし。
読了日:09月26日 著者:

ラブコメ今昔ラブコメ今昔
★4.5。 『クジラの彼』に続く自衛隊ラブコメシリーズの第2弾で、6編が収録されてます。登場人物がするりと甘いセリフを吐いていて、いかにも有川作品です^^ このシリーズは特に自分の仕事に誇りを持ってて清々しいです。個人的に好きなお話は「軍事とオタクと彼」で、「ラブコメ今昔」の今村夫婦がお気に入り。
読了日:09月25日 著者:有川 浩

PINKY (ピンキー) 2009年 11月号 [雑誌]PINKY (ピンキー) 2009年 11月号 [雑誌]
★4.5。 付録目当てで初購入しました。もうすぐ休刊になるらしいですねぇ。コーチのゴム、すごく可愛いです^^ 秋のヘアカタログも参考になりそう。伊坂幸太郎さんの短いインタビューもありました。
読了日:09月24日 著者:

荒川アンダーザブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス)
★4。 いつものメンバー以外にスポットが当たってさらにキテレツ度が高くなってます。河川敷にナゾのマンガ家が登場し、ニノさんの過去が録音されたテープが見つかり・・・。 皆ナゾ多すぎ。
読了日:09月24日 著者:中村 光

図書館戦争LOVE&WAR 2 (花とゆめCOMICS)図書館戦争LOVE&WAR 2 (花とゆめCOMICS)
★4.5。 「所在不明図書」が増え、館長代理が怪しいと気付いた郁たち。そんな中、良化特務機関が図書館を襲撃する。そして手塚が郁に告白し・・・!? いつも真っすぐで、ぶつかりながらも成長していく郁が良いです。甘ーい堂上教官はもちろんですが、手塚、柴崎、小牧などの脇役陣も活躍した2巻でした^^
読了日:09月23日 著者:弓 きいろ,有川 浩

夜叉桜夜叉桜
★3.5。 女郎が連続して殺され、下手人を探しはじめた同心・信次郎と岡っ引き・伊佐治。その被害者の1人が、遠野屋の手代と幼馴染であることが分かり・・・。 『弥勒の月』の続編です。あいかわらず信次郎のアクの強い性格が見られますが、遠野屋に拘ることで少しずつ人間に興味を示しはじめてますね。前作同様あまり救いのない暗い話だったけど、続きが気になります。
読了日:09月23日 著者:あさの あつこ

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
★4。 最強の闘蛇<牙>が一度に死んでしまい、エリンの母で獣ノ医術師・ソヨンは<闘蛇の裁き>にかけられてしまう。母を助けるべく沼へ向かったエリンを、ソヨンは”大罪”を犯し助けるが・・・。 権威と権力が二分してしまった国・リョザ王国が舞台で、王獣・闘蛇など架空の生き物が登場。あっという間に世界に引き込まれます。生き物に深い興味を示すエリンの隠された能力が気になります。
読了日:09月23日 著者:上橋 菜穂子

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
★5。 新卒入社した会社を3ヶ月で辞めて以来、実家住まいをいいことにダラダラ過ごしていた誠治。ところがある日、母親が重度のココロの病であることが分かり・・・。 「責任感」という言葉からは程遠かった1人の青年が家族と向き合い、働くことを通して成長していく姿が描かれています。自分の非を認めるのは難しいけれど、そこから人間伸びれるんだなぁ、と感じました。有川さんらしく後半でピリッと効かせた恋愛要素も素敵でした。
読了日:09月22日 著者:有川 浩

No.6 (#3) (YA! ENTERTAINMENT)No.6 (#3) (YA! ENTERTAINMENT)
★4。 イヌカシの元で働くことになった紫苑。ネズミは紫苑に内緒で、矯正施設の情報を集めるようイヌカシに依頼する・・・。 今後紫苑たちが潜入するであろう「矯正施設」の情報収集、仲間集めといった印象の3巻です。 紫苑や火藍以外にもNO.6の住人でありながらその存在に疑問を持つ人が現れたり、再びハチの被害者が出たり・・・あの街で何が起こってるんでしょう?? 紫苑のある行動にはビックリしました!!
読了日:09月22日 著者:あさの あつこ

荒川アンダーザブリッジ (4) (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ (4) (ヤングガンガンコミックス)
★4。 ステラ vs マリア、星の過去話(妄想?)、マラソン大会・・・荒川河川敷で楽しく暮らすリクに、ついに父親の魔の手が伸びる! 父親の表情が何かと怖いけど、それでもやっぱり父親だなぁと思えるところがあって良かったです^^ ニノさんはリクをネクタイだけで判別してるんですね。村長の本当の姿が気になります!!
読了日:09月21日 著者:中村 光

ぬしさまへ (新潮文庫)ぬしさまへ (新潮文庫)
★4。 「しゃばけ」シリーズ第2弾。若だんなの親友・栄吉の菓子を食べた隠居が亡くなった!? 色男の仁吉が袖にされた相手とは・・・? などの短編6作を収録。殺人事件が起きたりと物騒な江戸の町ですが、若だんなと妖たちの会話が微笑ましいです。妖、兄の松之助、奉公人などに心を砕く若だんなの優しくて芯の強い性格が素敵でした。
読了日:09月21日 著者:畠中 恵

潔く柔く 5 (マーガレットコミックス)潔く柔く 5 (マーガレットコミックス)
★3.5。 禄(&梶間)編。引越していた東京から故郷の町へ転校してきた禄。小学校の時、一緒に交通事故に遭い死んでしまった柿之内希実の姉に「会いたい」と言われ・・・。 禄の優しさ、三千花の優しさが良かったです。お祖母ちゃんの手作りお菓子が美味しそう。柿之内姉の表情がずっと怖かった。。。
読了日:09月20日 著者:いくえみ 綾

NO.6(ナンバーシックス)#2 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6(ナンバーシックス)#2 (YA!ENTERTAINMENT)
★5。 森でカラン&リコの姉弟を助けた紫苑。母親の手紙を手掛かりに訪れた場所にいた人物は・・・。一方、祖母の死をキッカケにNO.6へと戻った沙布は、火藍の元を訪れ・・・。何事にも素直な紫苑と、その性格を否定しつつも徐々に依存していくネズミ。さらに伏線が増えて面白くなってます。巻頭の地図で具体的な都市の様子が見れ嬉しかったです。次巻にも期待。
読了日:09月19日 著者:あさの あつこ

忍びの国忍びの国
★4.5。 戦国大名不在の国・伊賀国に織田信雄の軍が攻め込んだ史実に基づいたお話でした。前作『のぼうの城』同様、冒頭から引き込まれる文章、目の前に立ち上るような戦いの描写が素晴らしいです。「古来続く裏切りの稼業が、伊賀者を人でなくしてしまったのだ」という言葉が心に痛かった。どちらの陣営に肩入れして読むかで読後感が違う面白い作品です。
読了日:09月19日 著者:和田 竜

神様はじめました 4 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 4 (花とゆめCOMICS)
★4。 自分のことを常に一番に考えてくれる巴衛を好きだと自覚した奈々生。デートに誘うなど、落ち着きのない奈々生はついに巴衛に告白してしまい・・・。 奈々生の気持ちを考えるととても切ない1冊でした。それでも前向きに行動する奈々生が可愛かった。
読了日:09月19日 著者:鈴木 ジュリエッタ

後宮小説 (新潮文庫)後宮小説 (新潮文庫)
★3.5。 新帝即位に合わせ行われた宮女募集に応募し、後宮での暮らしを学ぶことになった銀河は・・・というお話。大真面目に性技の授業をしているのが面白いです。銀河の自由な考え方が活きていて、角先生との交流も楽しいです。架空の国が舞台なのに史書を引用したような文章が面白かったです。
読了日:09月18日 著者:酒見 賢一

Cath Kidston“THANK YOU!”BOX (e-MOOK)Cath Kidston“THANK YOU!”BOX (e-MOOK)
★5。 付録のトートバッグ目当てに買いました。大きいので買い物にも重宝しそうです。本も様々なデザインが載っていて楽しめました♪
読了日:09月17日 著者:

魔人探偵脳噛ネウロ (5) (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ (5) (ジャンプ・コミックス)
★3。 慰安旅行(?)で訪れた温泉で起きた殺人事件の完結編+「望月信用総合調査」の一件を収録。悪人だからと言って逮捕するわけじゃなく、自分に都合良いように利用するあたりが魔人らしかったです。吾代さんの活躍も良かったです。
読了日:09月16日 著者:松井 優征

そこをなんとか 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)そこをなんとか 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
★4。 新人弁護士が様々な依頼に関わって成長していくお話。生活のためキャバ嬢をしていたことがあり、明るく前向きな性格だけど厳しい現実もよく知ってる楽子。彼女が主人公なので暗くならず楽しめました。アニ弁・東海林さんとの恋もあるのかなぁ…? 続きが楽しみです。
読了日:09月16日 著者:麻生 みこと

スコーレNo.4スコーレNo.4
★3.5。 妹にコンプレックスを持つ古道具屋の長女・麻子が主人公で、中学1年~社会人3年目までを描いた作品。言葉一つ一つを大切に選んで書かれた印象を受けます。個人的にはあまり好みの話ではなかったですが、不器用なりに頑張る麻子の姿が印象的でした。
読了日:09月15日 著者:宮下 奈都

魔人探偵脳噛ネウロ 4 (4) (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 4 (4) (ジャンプコミックス)
★4。 前巻から続く爆弾魔「ヒステリア」の事件と、温泉旅行で遭遇した事件の謎を解きました。笹塚刑事の過去話、怪盗〝X〟の動向も気になりますね・・・。犯人の豹変ぶりはいつも通りですが、ネウロが普段より可愛く見えるポーズを習得してました。ヤコが「人間」に興味を持ち始めて段々前向きになってます。
読了日:09月15日 著者:松井 優征

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (1) (ジャンプ・コミックス)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (1) (ジャンプ・コミックス)
★3。 魔法律家・ムヒョとその助手・ロージーが人を困らせる悪霊を退治していくお話。一見冷たく見えるムヒョが、ギリギリのところで悪霊の良心を引き出してあげてて良いヤツです。悪霊の描写は怖いけどグロ過ぎないので読みやすかったです。
読了日:09月15日 著者:西 義之
関連記事
スポンサーサイト

category: 読書メーター

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret