2012年07月26日 - sailing day

sailing day

大島真寿美 『ピエタ』 読了  

ピエタ18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。
『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児を養育するピエタ慈善院で音楽的な才能に秀でた女性だけで構成される<合奏・合唱の娘たち>を指導していた。
ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる――。


ピエタ / 大島 真寿美
単行本:336ページ
出版社:ポプラ社
発売日:2011/2/9
価格:1,575円




読了日:6月30日
本の感想を書くのをすっかり忘れてた~;
綺麗な文章で読みやすかったです^^ 物語の展開も好き。オススメ。
続きにメモ&簡単なあらすじなど。
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: ピエタ  大島真寿美  ポプラ社 
tb: --   cm: 0