2010年01月 - sailing day

sailing day

『キケン』、読了  

キケン成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

キケン / 有川 浩
単行本:271ページ
出版社:新潮社
発売日:2010/1/21
価格:¥1,470


約2日で読了。
あいかわらず読みやすいんだけど、今回は今までのとはノリが微妙に違う気がしたなぁ…。一定水準以上なんだろうけど、私好みではなかったですw 適当なネタバレ感想は続きでどうぞ▼


スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: キケン  有川浩  新潮社 
tb: --   cm: 2

『セレモニー黒真珠』、読了  

セレモニー黒真珠人生最後のセレモニー・お葬式は、“真心と信頼の旅立ち”セレモニー黒真珠まで、ご連絡ください。
町の中小葬儀屋・セレモニー黒真珠は、忙しかったり、ヒマだったり。一応まだ20代なのに40代にも間違われるほどシッカリしすぎな29歳女性・笹島に、悩めるメガネ男子26歳・木崎、何やらワケアリ気味の新人女性派遣社員21歳・妹尾。葬儀屋を舞台に男女3人の仕事と恋愛を描く連作短編集。


セレモニー黒真珠 / 宮木 あや子
単行本:235ページ
出版社:メディアファクトリー
発売日:2009/3/25
価格:¥1,260


約1日で読了。サクッと読めて、ちょっと感動して面白かった~^^
ワカマツカオリさんの装画がすごく内容と合ってて素敵でした。中でも木崎!木崎がカッコ可愛すぎる!! こんな社員がいて良いな~>セレモニー黒真珠

適当な感想は続きでどうぞ▼

-- 続きを読む --

category:

tag: セレモニー黒真珠  宮木あや子  メディアファクトリー 
tb: --   cm: 0

『ブラックペアン1988』、読了  

ブラックペアン1988外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

ブラックペアン1988 / 海堂 尊
単行本:317ページ
出版社:講談社
発売日:2007/9/21
価格:¥1,680


約2日で読了。文庫が発売されたのを機に久々に読んだ海堂作品だったけど、面白かったー!!
高階院長の若かりし日が描かれてるなんて知らなかったから、途中からテンション上がりっぱなしでニヤニヤしながら読みましたw この人前から好きなんだよなー。適当な感想は続きでどうぞ▼


-- 続きを読む --

category:

tag: ブラックペアン1988  海堂尊  講談社 
tb: --   cm: 0

『ロスト・トレイン』、読了  

ロスト・トレイン誰も知らない場所行きの列車が、いま、目の前で動き出す―なつかしくなる、旅に出たくなる、じんわり切ない大人の青春小説。

単行本:291ページ
出版社:新潮社
発売日:2009/11/20
価格:¥1,470


約2日で読了。中村さんの本は初めて読みましたが、登場人物も文章も優しくて良いですね!
ファンタジーノベル大賞を受賞されただけあって、不思議な世界と現実の描き方が上手いなぁ。文章も繋がりも自然で読みやすかった。他の作品も読んでみようと思います^^ 適当なネタバレ感想は続きでどうぞ▼


-- 続きを読む --

category:

tag: ロスト・トレイン  中村弦  新潮社 
tb: --   cm: 0

……!  

今さらですが、2010年あけましておめでとうございます。
もう17日ですか。1日1日が早いわ~。

昨年末でマンガブログの方は一旦終了しました。
マンガの感想の方が書くのに時間かかるんですよね~。
再開する予定はないけど、一応残しておきます。

こちらのブログは今年ものんびり続けていこうと思ってます。

のんびり歩く鶴

元日に伯父の家の近くにある後楽園へ行ってきました。元日は入場無料なのでここ数年は毎年行ってます。
10時~と14時~の2回、丹頂鶴の放鳥があるんだけど、今まで見逃してて今年初めて見ました。
確か後楽園に入ったのが14時半過ぎてたんだけど、鶴のご機嫌と風向きなどが影響して30分以上飛ぶのが遅れたらしい。意外とワガママ繊細なんですね>お鶴様

以前から鶴って鳥の中でもデカイなーと思ってたけど、飛ぶとさらに迫力が増しますね。晴れてたからすごく綺麗だったけど、こっちに向かってくる時ハッキリ言って恐怖を感じました; 鶴でさえあの迫力なんだから、鷲とか恐いんだろうなぁ…。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

12月からスタート割で入ったWOWOWを観てます。普通は自分の観たい作品しかレンタルしない人間なので、適当に観た作品が面白いとすごく得した気分になりますねー。
『レッドクリフ』は思ってたより面白かったし分かりやすかった。ジョン・ウー監督のアクションは面白いな。個人的には金城武の孔明も好きですよ。

海外ドラマは『クリミナル・マインド4』、『CSI:ニューヨーク5』、『グレイズ・アナトミー5』に『プライベート・プラクティス2』まで色々と観てます。続きは観たいけど、毎月は必要ない気もするなぁ。2月以降どうしよー。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

今年は本だけじゃなく映画も色々観たいなー。
昨年久しぶりに海外旅行に行って英語力の大切さを実感したので、映画を観つつリスニングの勉強が出来れば良いなぁ~とうっすら考えてます。1月はグータラ過ごしたので2月に入ってから英語勉強を始めようかな。


とりあえず1月中の予定。
・収納場所が限られてるマンガを整理する(⇒ブックオフ行き)
・美容院と新年会
・井上雄彦 最後のマンガ展 を観に行く。

category: つぶやき(・_・)

tb: --   cm: 2

『神去なあなあ日常』、読了  

神去なあなあ日常美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!? 林業っておもしれ~!
高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。


神去なあなあ日常 / 三浦 しをん
単行本:290ページ
出版社:徳間書店
発売日:2009/05
価格:¥1,575


約3日で読了。面白かった~。
この本はのどかな村の様子が描かれてるので、読み手のこちらもゆっくり大切に読ませてもらいました。主人公が高校を卒業したばかりの男の子なので、若く素直な感じが好印象でした。適当なネタバレ感想は続きでどうぞ▼


-- 続きを読む --

category:

tag: 神去なあなあ日常  三浦しをん  徳間書店 
tb: --   cm: 0

2009年 読了本/読書メーター  

【2009年の読書メーター】
読んだ本の数:446冊
読んだページ数:82,314ページ


【感想】
マンガも含めてとはいえ、8万ページ超えはスゴイな…w
今年は色々試してみたいことがあるので、読書ペースは落ちそうですな。


-- 続きを読む --

category: 読書メーター

tb: --   cm: 0

2009年12月 観賞メーター  

【12月の鑑賞メーター】
観た本数:23本
観た時間:2,598分


【感想】
WOWOW加入のおかげで自分からは観ない映画を色々と観れた。観やすいからコメディ系が妙に多いなぁ・・・。

映画館で観たのは1作だけ。
12/15 『ONE PIECE FILM Strong World』 @映画館 ★4

カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD]カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD]
★3.5。 @WOWOW。 ポヨッとしたパンダが運命的に”龍の戦士”に選ばれてしまい、かつて谷を恐怖に陥れたタイ・ランと戦うお話。 映像がとても綺麗。マスターの中にカマキリがいるのに驚いたし、彼にロープを任せるところには笑ってしまった。
鑑賞日:12月31日 監督:ジョン・スティーズンソン;マーク・オズボーン

エリザベス : ゴールデン・エイジ [DVD]エリザベス : ゴールデン・エイジ [DVD]
★3.5。 @WOWOW。 『エリザベス』の続編。ケイト・ブランシェットの演技(特に声)がカッコ良かったし、衣装も素晴らしい。イギリスの歴史を全然知らずに見ると意味分からないかもなーという映画。
鑑賞日:12月30日 監督:シェカール・カプール

ボビーZ [DVD]ボビーZ [DVD]
★3。 @WOWOW。ケチな罪で刑務所に服役していた男性が、麻薬取締局の依頼でウリ二つの「麻薬王」になりすますことになるお話。そこそこ楽しめるけど、映画で観るほどではないなーという作品。ポール・ウォーカーがカッコイイのが救いかな。
鑑賞日:12月29日 監督:ジョン・ハーツフェルド

ジャージの二人 [DVD]ジャージの二人 [DVD]
★2.5。 @WOWOW。仕事を辞めたばかりの息子とカメラマンの父が山荘にやってきて、ジャージを着てのんびり生活するお話。 悪くはないけど、観ていて眠くなる。
鑑賞日:12月29日 監督:中村義洋

ブロークン・イングリッシュ [DVD]ブロークン・イングリッシュ [DVD]
★3。 @WOWOW。男運の悪い女性がやっと運命の男性に出会うが・・・というお話。 独特の淡い映像が素敵。主人公の服が可愛かった。ラストはもうちょっと観たかったなーという感じ。
鑑賞日:12月28日 監督:ゾエ・カサヴェテス

築地魚河岸三代目 [DVD]築地魚河岸三代目 [DVD]
★3.5。 @WOWOW。彼女の実家業の影響で脱サラして築地で働こうとする男のお話。 最終的にあれれ・・・?主人公より伊原さんの方がメインになってしまったような; でもわりと楽しめました。
鑑賞日:12月27日 監督:松原信吾

幸せのポートレート [DVD]幸せのポートレート [DVD]
★3。 @BS。 クリスマスに結婚する彼の家に挨拶に行く女性のお話。主人公がS・J・パーカーだと思ってたんだけど、名前の順番はクレア・デインズが上・・・? こんな性格じゃ嫌われちゃうわなー。出演者が無駄に豪華だと感じるほど、妙な話だった。
鑑賞日:12月26日 監督:トーマス・ベズーチャ

ゲット スマート 特別版(2枚組) [DVD]ゲット スマート 特別版(2枚組) [DVD]
★4。 @WOWOW。スパイ機関で念願のエージェントになった事務系の男が活躍するコメディ。ベタなんだけどしつこくない笑いが楽しめました。アン・ハサウェイが綺麗だった。
鑑賞日:12月26日 監督:ピーター・シーガル

花より男子ファイナル スタンダード・エディション [DVD]花より男子ファイナル スタンダード・エディション [DVD]
★3。 @TV。あいかわらずお金の面でスケールが大きい作品ですねぇ。結婚する前なのに、全然ラブラブしい雰囲気がなくて笑えた。原作の最後を知らないので、今後読んでみようかな。
鑑賞日:12月25日 監督:石井康晴

ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
★3。 @WOWOW。「閲覧する人が増えるほど早く死に至る」殺人をネット中継しているサイトを調査するFBI捜査官のお話。ダイアン・レインが車に乗っちゃうシーンには唖然とした。そりゃ捕まるわな。女性でも銃の撃ちっぷりがスゴかったなー。
鑑賞日:12月22日 監督:グレゴリー・ホブリット

シャッフル [DVD]シャッフル [DVD]
★3。 @WOWOW。夫の死を聞いた日から、起きるたびに曜日が入れ替わっている不思議なお話。サスペンスっぽいまま終わるのかと思ったけど、夫婦愛が主題だったのかな・・・?
鑑賞日:12月22日 監督:メナン・ヤポ

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
★3。 @WOWOW。父親の元へ引っ越し、学校で出会った気になる男の子がヴァンパイアだった・・・というお話。 吸血鬼モノなので映像が全体的に暗い。2人が惹かれあった理由がイマイチ不明。恋愛メインかと思いきや、意外にアクションもありました。吸血鬼くんがもう少し美麗だったらなぁ・・・。
鑑賞日:12月21日 監督:

26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
★3。 @WOWOW。軍の極秘計画で冷凍保存された男女。間違って500年保存され、目覚めたのはバカ化が進んでいる地球で・・・というお話。最初はあまりのバカっぷりに笑えたけど、最後にはそのバカさが怖くて若干ホラー気味だった。
鑑賞日:12月20日 監督:マイク・ジャッジ

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]
★3.5。 @WOWOW。政府の企みの片棒を担がされ、銀行の貸金庫を破ったテリーたち。ところが、金庫に秘密の品を預けていた裏稼業の人間に追われるハメに・・・。 これが実話とはねぇ~。驚くばかりです。駅に全員集合する時はどうなるのかドキドキしました。
鑑賞日:12月14日 監督:ロジャー・ドナルドソン

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
★3.5。 @WOWOW。CIAに雇われた男が中東のテロリスト相手に奮闘するお話でした。ディカプリオもいい年になったな~と感じたけど、なかなか好演してました。あるシーンの登場の仕方がやたらカッコ良くて思わず「ハニ!」と呼んでしまったw
鑑賞日:12月13日 監督:リドリー・スコット

ハート・オブ・ウーマン [DVD]ハート・オブ・ウーマン [DVD]
★4。 @WOWOW。とある事故をきっかけに女性の心の声が聞こえるようになったダーシー。新しくやって来た女性上司の考えを読んで、成功しようとするが・・・。 3~4度目の観賞。メル・ギブソンがとても役に合ってたと思います。ヘレン・ハントは大人でも可愛らしくて素敵な女性ですね^^
鑑賞日:12月13日 監督:ナンシー・メイヤーズ

俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション [DVD]俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション [DVD]
★4。 @WOWOW。ケンカが原因で男子スケートから追放されたマイケルズとマッケルロイ。そんな2人が再起をかけ男子ペアを組み、大会に出場するお話。何も考えずに笑って観れる楽しい作品。大会のマスコットキャラが毎回不運な目に会うのが面白かった。
鑑賞日:12月13日 監督:ウィル・スペック;ジョシュ・ゴードン

噂のアゲメンに恋をした! コレクターズ・エディション [DVD]噂のアゲメンに恋をした! コレクターズ・エディション [DVD]
★3。 @WOWOW。彼と寝ると、次に運命の人と出会い結婚できる!と噂になってしまった男性の恋愛を描いたエロ(?)コメディ。 ジェシカ・アルバ出演だったので観てみましたが、さすがにR-15の内容ですね(苦笑) 主人公のチャーリーが自分を「通り過ぎて」いく女性達に虚しさを覚え、真剣に愛する女性に出会って苦悩する姿はなかなか面白かったです。
鑑賞日:12月10日 監督:マーク・ヘルフリッチ

インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
★3。 @WOWOW。感情が高まると巨人に変身してしまう学者の苦悩を描いたお話でした。エドワード・ノートンがこういう役をやるのが新鮮でした。結末がハッキリしないのが微妙かなぁ。
鑑賞日:12月06日 監督:ルイ・レテリエ

ウォーリー [DVD]ウォーリー [DVD]
★5。 @WOWOW。宇宙に逃れた人間が残したゴミを片付け続けるゴミ処理ロボット・ウォーリー。ある日、イヴというロボットが地球に現れ・・・。 PIXARの中でも素晴らしい作品でした。雪見大福みたいなイヴの目の動きが可愛かった^^
鑑賞日:12月06日 監督:

イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
★3.5。 @WOWOW。理由も分からず警察から追われ、謎の人物に命令されて目指す場所は・・・。 電光掲示板など、何でも操れるのが面白いなー。逃亡の指示がスムーズ過ぎて笑えた。恋愛要素は不要だったかも。
鑑賞日:12月06日 監督:D.J.カルーソ

ザ・ロック 特別版 [DVD]ザ・ロック 特別版 [DVD]
★4。 @WOWOW。脱出不可能な天然の要塞・アルカトラズ島を舞台にしたアクション映画。VXガス搭載ミサイルの解除に向かうのはFBI捜査官と元スパイのイギリス人・・・!? ショーン・コネリーがやたらとカッコイイし、だれる事なく楽しめた。あのニコラス・ケイジが「小僧」呼ばわりされててビックリした。
鑑賞日:12月03日 監督:マイケル・ベイ

ルイスと未来泥棒 [DVD]ルイスと未来泥棒 [DVD]
★3。 @WOWOW。養護施設で育った発明好きのルイスは、母親に会いたい一心で記憶を呼び戻すマシンを作り続ける。ある日、未来からやって来た少年が現れ…。 なんだか目まぐるしい映画だったなー。山高帽の男の正体を知った時は驚愕した。
鑑賞日:12月03日 監督:

category: 観賞メーター

tb: --   cm: 0

2009年12月 読了本/読書メーター  

【12月の読書メーター】
読んだ本の数:31冊(小説14冊+マンガ16冊+雑誌1冊)
読んだページ数:6,022ページ


【感想】
花とゆめ2010年2号今月も比較的少ないです。WOWOWに加入したので、映画観る方に時間とられちゃったなー。
そういえば、朝日新聞で連載してる「聖なる怠け者の冒険」の切り取ってあった分をやっと読みました。なかなか面白い^^

読書メーターには無かったけど、花とゆめ2010年2号も買って流し読みしました。





トワイライト〈1〉愛した人はヴァンパイア (トワイライト (1))トワイライト〈1〉愛した人はヴァンパイア (トワイライト (1))
★2.5。 ”雨と霧”のフォークスに住む父の元で暮らすことになったベラ。転校した高校で出会った美形の男の子・エドワードから不敵な視線を向けられ・・・。 タイトルからも分かる通り吸血鬼モノ。映画も微妙だったけど、原作も微妙・・・。 主人公のベラは好感度低いし、エドワードは回りくどい。中途半端なところで終わったにも関わらず続きを読む気がしない作品でした。
読了日:12月31日 著者:ステファニー メイヤー

失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
★3.5。 事故により右腕の皮膚感覚のみ残された男。その妻は腕をピアノの鍵盤に見立て演奏を続けるが・・・。 頭の中に思い描いた携帯電話にある日電話がかかってきて・・・。 独特の静謐な空気をまとった文章の8編が収録されています。人と関わることを避ける主人公が多い割に、いつも誰かを想う気持ちが強い乙一作品らしい内容でした。『しあわせは子猫のかたち』がお気に入り。
読了日:12月30日 著者:乙一

年収200万円からの貯金生活宣言年収200万円からの貯金生活宣言
★3。 支出を「消費」「浪費」「投資」に分けて考えることで、ムダ使いがなくなりそう。塵も積もれば・・・ということですね。 ただこの本はゼロから、若しくはマイナスから貯金を始めようとする人向けなので、ある程度貯蓄のある人は読む必要がないと思います。
読了日:12月27日 著者:横山 光昭

NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)
★3。 矯正施設の最上階で沙布に再会した紫苑。マザーコンピューターの破壊を希望した沙布と別れ、爆発・炎上する矯正施設から脱出を図るが・・・。 なんだか話が引き延ばされててじれったい展開です。ネズミに比べると紫苑の行動は一貫性がないので、読んでいて時々「?」と思ってしまいました。もっとサクサク展開すれば良いのになぁ。
読了日:12月25日 著者:あさの あつこ

べるぜバブ 3 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 3 (ジャンプコミックス)
★3.5。 ヒルダと対戦した後、部下を男鹿に倒されたと聞いた邦枝。男鹿に真剣勝負を挑むが・・・。 あいかわらずケンカしまくってるけど、登場人物がどこかトボケてて面白い。古市君が良い味出してます。
読了日:12月25日 著者:田村 隆平

午前零時のサンドリヨン午前零時のサンドリヨン
★3.5。 須川が高校に入学して一目惚れしたクラスメイト・酉乃初は、レストラン・バーで毎夜マジックを披露している。ある日、図書館で奇妙な書架を見つけた2人は・・・。 彼女の鋭い洞察力を活かして身近な謎を解いていくミステリー。主人公の感情がダダ漏れの文章はラノベみたいで読みやすかったです。その分、登場人物の様々な悩みが少し軽く思えてしまうのが残念かな?
読了日:12月23日 著者:相沢 沙呼

こたつ (角川文庫)こたつ (角川文庫)
★4。 結婚しようと思った彼女は、茶道でも華道でもない「こたつ道」の家元の家系だった。彼女の両親に会うため、こたつの作法を極めていく克也は・・・。 表題作を含む2編を収録。「こたつ」の奥深さにビックリ、そしてニヤニヤ。よく考えたなぁ~の一言。冬に読むのがちょうど良いですね。個人的には『町営ハリウッドムービー』はあまり響かないストーリーでした。
読了日:12月21日 著者:原 宏一

ホタルノヒカリ 15―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (講談社コミックスキス)ホタルノヒカリ 15―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (講談社コミックスキス)
★4。 別れから5年後。蛍は東京に戻り、小さいながら家を買って生活し始める。コンペで高野と再会した蛍は・・・。 遠回りしたけど、のんびり2人で過ごす幸せそうな蛍たちを見てるとこれで良かったのかも、と思います。殿たちの番外編でも、蛍の幸せな様子が垣間見れて楽しかったです。
読了日:12月20日 著者:ひうら さとる

黎明のアルカナ 2 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 2 (フラワーコミックス)
★3.5。 ナカバの喜ぶ顔を見たいシーザは贈り物をしたり、街へ連れ出したりする。そんな気持ちに気付いたナカバも徐々に軟化していくが・・・。 あいかわらずコマ割がデカイので大胆な印象。ロキが急に悪役っぽくなってて思い切りが良いなーと思いました。ナカバの能力も分かってきたので、今後が楽しみです。
読了日:12月20日 著者:藤間 麗

おさがしの本はおさがしの本は
★3.5。 レポート提出の本探しに訪れるギャル大学生、子供の頃の記憶を頼りに本探しを依頼する老人、「図書館廃止」を訴える図書館長の就任・・・ 図書館のレファレンス・カウンターで働く男性の日々を描いたお話でした。最初は硬~い印象しかなかった主人公の、人間味ある性格が徐々に語られていって面白かったです。ミステリー要素は感じなかったけど、クセ者館長との対決はなかなか読み応えがありました。
読了日:12月20日 著者:門井 慶喜

図書館戦争LOVE&WAR 3 (花とゆめCOMICS)図書館戦争LOVE&WAR 3 (花とゆめCOMICS)
★3.5。 子供の読む図書に制限を加えるべきだと主張する市民団体の集まりが図書館で行われ、その警備をする郁たち。そこにロケット花火が投げ込まれ・・・。 小説で一度読んでるけど、マンガで読むと上手くまとめられてて面白いです。堂上に認めてほしくて頑張ろうとする郁、郁を心配して別任務に就かせる堂上。想い合う気持ちはまだ恋愛未満ですかね・・・? 良いところで終わってるので、次巻が楽しみになりました。
読了日:12月20日 著者:弓 きいろ,有川 浩

ダ・ヴィンチ 2010年 01月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2010年 01月号 [雑誌]
★3.5。 毎年恒例のランキング目当てに買いました。総合1位は予想通りでした。(個人的には面白いとは思わなかったけど・・・) 小説だけでなくマンガのランキングもあるのが嬉しいです。今後の読書の参考になるので、また来年も買おうっと。
読了日:12月19日 著者:

今日、恋をはじめます 7 (フラワーコミックス)今日、恋をはじめます 7 (フラワーコミックス)
★3.5。 昔、京汰に彼女との仲を壊されたハルは、「同じ方法」でつばき達を別れさせると言う。つばきは京汰を信じる気持ちが揺るがないと思っていたが・・・。 1冊丸々がハルのお話で、次巻まで続くらしいです。ハルの話に京汰の過去が絡んでるとはいえ、このネタ長すぎる気が・・・。つばきにキスされてニヤニヤが止まらない京汰に笑った。
読了日:12月19日 著者:水波 風南

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
★4。 殺人事件の起きた駅のホームから逃げ出したアキヒロは、目が見えないミチルの家に逃げ込む。ミチルは他人の気配を感じつつも相手を刺激しないよう生活するが・・・。 怖いお話かと思って読んだら、最後は優しい気持ちになれる作品でした。日常に潜む殺意を書くのも上手いけれど、こういう作品も素敵ですね。さすが乙一さんです。
読了日:12月17日 著者:乙一

闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)
★4.5。 女用心棒・バルサが辛い過去と向き合うために戻った故郷・カンバル王国。大好きだった養父・ジグロが罪人扱いを受けてる事に傷つくバルサ。洞窟でとある兄妹を助けたことから、過去の真実を隠そうとするジグロの兄弟から追われる身になり・・・。 「守り人」シリーズの第2作目。幼くして逃亡生活を送ることになったバルサと、友人のために全てを捨てたジグロ。お互いの複雑な心境が描かれる部分が大人好みだなぁ~と思います。結末は予想通りだったけど、物語の世界観、バルサの協力者など魅力いっぱいでした。
読了日:12月16日 著者:上橋 菜穂子,二木 真希子

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)Love,Hate,Love. (Feelコミックス)
★3。 今までバレエ一筋で生きてきた貴和子は、舞台で踊ることをやめた。何か新しいことをしようと考えている矢先、隣室に住む大学の先生・縫原と出会い・・・。 枯れた50代のオジサマ×28歳の恋愛経験値ほぼゼロな女性の淡い恋愛話でした。縫原さんの丁寧な言葉が素敵でした~。個人的には絵が苦手だったけど、内容は結構楽しめました。
読了日:12月14日 著者:ヤマシタ トモコ

千里伝 五嶽真形図千里伝 五嶽真形図
★3 戦場で助けてもらった縁で妖の紅葉(こうよう)と結婚した承簡(しょうかん)。2人の間に生まれた千里は18歳になっても見た目は5歳児のままだった。ある日、何者かに両親を連れ去られた千里は、家族を取り戻すべく「五嶽真形図」を求める旅に出るが・・・。 千里の旅の裏には地球上を誰が支配するのか?という大きな争いがあります。千里は主人公なのに性格が悪くて軽く引きました。自分と違うからといって蔑んだり「悪」と決めつけてはいけないですね。バソンがカラッとしてて好印象でした。
読了日:12月14日 著者:仁木 英之

モノクロ少年少女 1 (花とゆめCOMICS)モノクロ少年少女 1 (花とゆめCOMICS)
★4。 両親を失い、暮らしていた施設が潰れてしまった呉羽。「学費・生活費等免除」の言葉につられて毛保乃(けだもの)高校に入学したが、そこの生徒はケモノ達で・・・? 獣の国の子女が通う高校に「食欲抑制のため人間を紛れさせる」という変わりダネ設定のお話。テンション高いので時々疲れるけど、右京の過去など続きが楽しみな点があって面白かったです。
読了日:12月13日 著者:福山 リョウコ

極楽青春ホッケー部 14 (講談社コミックスフレンド B)極楽青春ホッケー部 14 (講談社コミックスフレンド B)
★3.5。 泉が高校を卒業したら、珠子と共にイギリスへ行ってしまうと聞いたハナ。イライラしたハナは、夏希先輩と部屋に籠ってしまうが・・・。 ついに最終巻。森永先生の作品は終わりが曖昧なのが多いので、まぁこんなもんかなーという感じのラストでした。もちろん泉を応援してたけど、夏希先輩が最後まで素敵でした♪ 番外編のチビ泉が可愛かった~。
読了日:12月12日 著者:森永 あい

バイ・アンド・バイバイ・アンド・バイ
★3。 高校生の女の子が、高校と反対方向の電車に乗ってしまったことから様々な人達と出会う「バイ・アンド・バイ」を含む3編を収録。 人間の優しいところ、ずるいところなど色んな面が見えるお話でした。マキちゃんが意外とイケメンでびっくりした。
読了日:12月12日 著者:いくえみ 綾

バガボンド(31)(モーニングKC)バガボンド(31)(モーニングKC)
★4。 痛む足を抱え柳生石舟斎の元を目指す武蔵。彼を襲い名をあげようとする敵に対し「殺し合いの螺旋」からは降りたと告げるが・・・。一方、又八は倒れた母を連れ宮本村を目指す・・・。 今巻はお杉おばばの過去、セリフに泣かされました。又八の言葉が嘘だと分かっていても常に味方だったおばば。死の間際で「この世に強い人なんておらん」と言ったのには、武蔵を恨み続けた自分も含まれてたんでしょうね。セリフ一つ一つが心に沁みました。
読了日:12月10日 著者:井上 雄彦

らせつの花 7 (花とゆめCOMICS)らせつの花 7 (花とゆめCOMICS)
★3.5。 羅雪を好きだと気付いた夜行は、羅雪と目も合わせられず九竜に嫉妬してしまう。九竜は夜行と共に「所長が悪霊と戦ったビル」を訪れるが、そこには負の霊気が蔓延していて・・・。 羅雪の誕生日まであと半年なので、所長たちは少しピリピリしてますね。所長が幼少時代から色気ありすぎで笑いました~。九竜はどこまで超人化していくんだろう; 所長からあの女性の事を聞いた羅雪が次巻どんな行動を取るのが気になります。
読了日:12月10日 著者:潮見 知佳

境界のRINNE  2 (少年サンデーコミックス)境界のRINNE 2 (少年サンデーコミックス)
★4。 落武者の霊、歌姫の霊を成仏させるため、桜たちは霊の「未練」を取り除いていく。ある日、りんねに恨みを持つ悪魔・魔狭人(まさと)が現れ・・・。 緊張感のないトボけた霊たち、りんねがテンション上がって大技を出してた事など小ネタが散りばめられてて面白かったです。六文の「ふな~ご」という変わった鳴き声が気になりますw
読了日:12月10日 著者:高橋 留美子

身の上話身の上話
★3.5。 二股をかけていたミチルは、東京へ帰る恋人と一緒に飛行機に乗ってしまう。後日、同僚に頼まれて購入していた宝くじが高額当選している事が分かり・・・。 ミチルを「妻」と呼ぶ人物の語りで小説が進んでいきます。文章がぎっちり詰まっていて少し疲れるけど、結末が気になるので次々ページをめくれました。語り主が誰に、何の目的でこの身の上話をしているのか分かったときはスカッとしました。
読了日:12月09日 著者:佐藤正午

俺様ティーチャー 6 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 6 (花とゆめCOMICS)
★4。 元生徒会の忍が風紀部に入部。部室を作るため校内を探索していた真冬たちは、空き部屋の多さに疑問を持つが・・・。 緑ヶ丘学園の謎と、鷹臣くんが賭けをする理由が徐々に明らかになってます。今回は切ない場面も多かったですね。真冬と早坂くんはバカだけどまっすぐで見ていて清々しい。
読了日:12月08日 著者:椿 いづみ

八日目の蝉八日目の蝉
★4。 不倫相手の子供を衝動的に連れ去り、「薫」と名付けて育てようとする希和子。逃亡を繰り返し、娘と一緒に過ごせる1日1日に感謝する日々だったが・・・。 以前、爆笑問題の太田さんがお勧めしていたので読んでみました。薫の様子に一喜一憂する希和子はたくさんの愛情を与えていて、捕まって欲しくないと思ってしまいました。ただ後半部分を読むと自分の願望優先ではなく、いつか引き離されるであろう「薫」の人生をもっと考えて欲しかった気もします。
読了日:12月07日 著者:角田 光代

境界のRINNE  1 (少年サンデーコミックス)境界のRINNE 1 (少年サンデーコミックス)
★3.5。 過去のある体験から霊が見える体質になった桜。高校に入学し隣の席になったのは、「死神みたいな」不思議な男の子で・・・。 妙に落ち着いた主人公・桜と、やたらとお金に執着するりんねの会話がマッタリしていて面白いです。霊も今のところ凶悪なのはいないし。1巻は主人公達と物語の設定が分かりやすく説明されてます。これからも重要なキャラが続々と登場しそうですね。続きが楽しみです^^
読了日:12月06日 著者:高橋 留美子

潔く柔く 11 (マーガレットコミックス)潔く柔く 11 (マーガレットコミックス)
★5。 禄が自分の過去を百加から教えられていたことを知ったカンナは、禄が何も知らない振りで食事していた様子を思い出す。後日、再び飲みに行くことになった2人は・・・。 再登場するキャラが多く、いよいよラストに向けて収束していってるなぁと思います。禄はカンナが欲しい言葉を言ってくれる訳ではないけど、確実に心に響く事を言ってますね。痛々しいカンナを見てると、ほっておけない禄の気持ちがよく分かりました。次巻が楽しみです♪
読了日:12月06日 著者:いくえみ 綾

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)
★4.5。 イワさん、クロコダイル、ジンベエ達と共にインペルダウンからの脱獄を図るルフィ。一方、”黒ひげ”の船がインペルダウンに着港し・・・。 前半は戦闘がメイン。ただでさえ登場人物が多いのに、それぞれが色んな思惑で動いてるから、それをまとめ上げるのが大変そう~; 後半に海軍本部の処刑台で明かされたエースの秘密には驚きすぎて3回くらいページを読みなおしました。マジで・・・。今から次巻が楽しみです♪
読了日:12月05日 著者:尾田 栄一郎

小太郎の左腕小太郎の左腕
★4。 鉄砲伝来から13年が過ぎた1556年。勢力争いを続ける戸沢家と児玉家の戦が始まった。戸沢家の猛将・半右衛門は殿軍(しんがり)を務めるが、その際に山中で妙な雰囲気をもつ少年・小太郎と祖父・要蔵に出会う・・・。 相変わらず読みやすく動きのある文章で、戦の情景が目に浮かぶようでした。からりとした態度で戦う男達はカッコイイです。戦で「種子島」が重要視される以前のお話なので、余計みんなが小太郎の異能ぶりに驚いたんでしょうね。作者の既刊3冊の中では一番苦しく、悲しい物語ではないでしょうか。
読了日:12月04日 著者:和田 竜

水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)
★4。  1590年。天下を手中に治めかけている太閤秀吉が、関東の雄・北条家へと襲いかかる。百を超す支城が次々と陥落する中、五万余の三成軍をもってしても落とせない城があった・・・。 『のぼうの城』と同じ忍城の攻防戦を描いているので読んでみました。こちらの方が長親、甲斐姫の活躍が目立つ印象ですね。両作品読むと、設定の違いを楽しんだり出来るのでお勧めです。
読了日:12月02日 著者:風野 真知雄

読書メーター

category: 読書メーター

tb: --   cm: 0