退出ゲーム - sailing day

sailing day

『退出ゲーム』、読了  

退出ゲーム穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者、完璧な外見と明晰な頭脳の持ち主。
音楽教師・草壁信二郎先生の指導のもと、廃部の危機を回避すべく日々練習に励むチカとハルタだったが、変わり者の先輩や同級生のせいで、校内の難事件に次々と遭遇するはめに―。
化学部から盗まれた劇薬の行方を追う「結晶泥棒」、六面全部が白いルービックキューブの謎に迫る「クロスキューブ」、演劇部と吹奏学部の即興劇対決「退出ゲーム」など、高校生ならではの謎と解決が冴える、爽やかな青春ミステリの決定版。


退出ゲーム / 初野 晴
単行本:262ページ
出版社:角川グループパブリッシング
発売日:2008/10/30
価格:¥1,575


1日で読了。高校生が主人公のお話は久しぶりな気がします。サラサラ読めて面白かった^^ 部活を頑張ってるところとか、淡い恋心とか、青春してるなーって思います。謎解きに関してはちょっと気になる部分もあったけど、お勧めの1冊です。ネタバレ感想は続きでどうぞ▼
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: 退出ゲーム  初野晴  角川グループパブリッシング 
tb: --   cm: 0