講談社 - sailing day

sailing day

重松清 『流星ワゴン』  

流星ワゴン

ひきこもり、暴力をふるう息子。浮気を重ねる妻。会社からはリストラ寸前……死を決意した37歳の僕は、死んだはずの父子が運転する不思議なワゴン車に乗り込んだ。

ドラマ化されてたから読んでみた。ドラマより主人公は少し大人しめかな。チュウさんもテレビより少し丸い性格の印象。
奥さんが普通に淫乱すぎてビックリしたw ストレスたまってるんだろうけど、テレクラ利用するー?!

橋本義明・健太親子が、血は繋がってないんだけど、良い親子になれて良かった。最終的に永田一家の状況は変わらず、心を入れ替えて再出発って感じ。良い方向にいくと良いな。
スポンサーサイト

category:

tag: 流星ワゴン  重松清  講談社 
tb: --   cm: --

東野圭吾 『祈りの幕が下りる時』 読了  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category:

tb: --   cm: --

辻村深月 『島はぼくらと』 読了  

島はぼくらと母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。


島はぼくらと / 辻村 深月
単行本:338ページ
出版社:講談社
発売日:2013/6/5
価格:¥1,575


読了日:10月14日

瀬戸内海?の「冴島」が舞台。

【登場人物】
池上朱里 祖母・母と暮らしている。
榧野衣花(かやのきぬか) 網元の家の娘。
矢野新 演劇部員。脚本も書く。母親が幼稚園の先生。
青柳源樹 リゾートホテルの息子

霧崎ハイジ 自称作家。幻の脚本を探しに島へやって来る。新が用意した脚本を自分の名前で出して賞を獲る。

多葉田蕗子 水泳の銀メダリスト
未菜 2歳 蕗子の娘

大矢村長 最初良い人かと思ったけど、結構微妙な存在だった。

谷川ヨシノ 地域活性デザイナー

本木真斗(もときまさと) ウェブデザイナー。医師免許をもっている。Iターンを決めた頃にパンフレットがなぜか届いたので、島にやってきた。

男同士が交わす「兄弟」の杯

源樹の母親のパートナーが冴島を訪ねてくる。

「スペシャリスト」というテレビ番組に出るか?

島のおばちゃんたちが作った料理を売っている「さえじま」とヨシノの取材。

縞野のおばあちゃんの遺品を朱里の祖母の元親友(千船碧子)に届ける。

村長は知り合いの子供が医者として村に戻って来るまで、他の医者が来ないようにしてた。それに反対する気持ちがある村民たち(新の母親とか)が本木のところにパンフレットを送った。

修学旅行の観劇を抜け出して、昔の住所を探しに行く。
その時、赤羽環と知り合う。環が結構ストーリーに絡んでくるから驚いた。

上埜喜久生(うえのきくお) 有名な脚本家。故人
幻の脚本→冴島のために書いてもらった『見上げてごらん』

「衣花。――だから、待っててよ」

新、なにげにカッコイイ(笑)

数年後、衣花は村長になって、朱里は看護師になって島に戻ってくる。

柿の木のとこに病院ができてるみたい。本木の家が病院に?
医師免許あるし出来るよね。良いね良いね~(゜▽゜)

category:

tag: 島はぼくらと  辻村深月  講談社 
tb: --   cm: 0

百田尚樹 『海賊とよばれた男』上・下 読了  

海賊とよばれた男・上 海賊とよばれた男・下

「ならん、ひとりの馘首もならん!」
異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。
20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは……出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベル、『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作。


海賊とよばれた男(上・下) / 百田 尚樹
単行本:386ページ / 370ページ
出版社:講談社
発売日:2012/7/12
価格:各¥1,680


読了日:9月3日
2013年の本屋大賞に選ばれていたので、読んでみました(・▽・)

【目次】
●上巻
 序 章
 第一章 朱夏 昭和二十年~昭和二十二年
  一、馘首はならん!
  二、苦闘
  三、ラジオ修理
  四、東雲忠司
  五、GHQ
  六、タンク底
  七、公職追放
  八、石統との戦い
  九、武知甲太郎
  十、スタンバック
  十一、逆転
 第二章 青春 明治十八年~昭和二十年
  一、石油との出会い
  二、日田重太郎
  三、丁稚
  四、生家の没落
  五、士魂商才
  六、海賊
  七、満州
  八、スタンダードとの戦い
  九、危機
  十、仙厓
  十一、世界恐慌
  十二、上海
  十三、日中戦争
  十四、石油禁輸
  十五、南方へ
  十六、敗戦

●下巻
 第三章 白秋 昭和二十二年~昭和二十八年
  一、正明
  二、セブン・シスターズ
  三、進水
  四、新田辰男
  五、イラン石油
  六、極秘任務
  七、モサデク
  八、決断
  九、サムライたち
  十、「アバダンへ行け」
  十一、輝く船
  十二、倭寇
  十三、俯仰天地に愧じず
  十四、完全勝利
 第四章 玄冬 昭和二十八年~昭和四十九年
  一、魔女の逆襲
  二、ガルフ石油
  三、奇跡
  四、海底パイプ
  五、日田重太郎との別れ
  六、悲劇
  七、石油連盟脱退
  八、「フル生産にかかれ!」
  九、国岡丸
 終 章



こんな器が大きい人がいたんだ~と驚き(ΦДΦ) 特にイランに行った時は驚いた!
国岡さんが魅力的な人だから協力者もたくさんいました。でも日田さんがいなかったら、今の出光はないねw 日田さんの家族はよく反対しなかったな (´ー`;)

昔の人って本当によく働きますね。店主も社員も熱い。船長もかっこいい。
最初の奥さんに子供ができなくて、離縁したことを最後まで残念がってましたね。お見合いで結婚したけど、徐々に惚れたんだろうな~。再婚相手も良い奥さんでしたね。外国人の協力者もいたし、色んな人と良縁があって羨ましい。

正直、大賞になるほどかな…?という気もしたけど、石油のために戦争が起きたことを勉強&理解できたので、読んで良かったです。
零戦のところ(P352)で「宮部」の名札付けた人が出てきたからビックリ。『永遠の0』を読んだ読者へのサービスですね(´▽`)

category:

tag: 海賊とよばれた男  百田尚樹  講談社 
tb: --   cm: 0

海堂尊 『スリジエセンター1991』 読了  

スリジエセンター1991天才外科医による「革命」の行方は? 
“招かれざる異端児”を襲うアクシデントと張り巡らされた陰謀――。メディカル・エンターテインメントの真骨頂!

手術を受けたいなら全財産の半分を差し出せと放言する天才外科医・天城は、東城大学医学部でのスリジエ・ハートセンター設立資金捻出のため、ウエスギ・モーターズ会長の公開手術を目論む。だが、佐伯教授の急進的な病院改革を危惧する者たちが抵抗勢力として動き始めた。
桜宮に永遠に咲き続ける「さくら」を植えるという天城と世良の夢の行く末は? 「ブラックペアン」シリーズ、ついに完結!! 


スリジエセンター1991 / 海堂 尊
単行本:418ページ
出版社:講談社
発売日:2012/10/25
価格:¥1,680


「ジュノ、私は疲れてしまったんだ」

読了日:4月24日
『ブラックペアン1988』『ブレイズメス1990』に続く第3弾です。
他の海堂作品を読んでる人にはスリジエセンターが実現しなかったことは最初から分かってるんだけど、なんとも切ないラストでした ε=(´ω`) 世良先生~~ 天城先生~~ (TДT)
目次や感想は追記でどうぞ

-- 続きを読む --

category:

tag: スリジエセンター1991  海堂尊  講談社 
tb: --   cm: 0

池井戸潤 『空飛ぶタイヤ』 読了  

空飛ぶタイヤ

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。
家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。


空飛ぶタイヤ(上・下) / 池井戸 潤
文庫:480ページ / 448ページ
出版社:講談社
発売日:2009/9/15
価格:各¥680


「ぼく、パパの真似をしてるだけだよ」



読了日:7月11日
感想を書いたと思い込んでた。アハ~(´▽`;) すごく面白かったです。

『下町ロケット』と似た展開だけど、こちらの主人公はありふれた運送会社の社長さん。
義兄が運送会社をやってるので、親近感がありました。
簡単な感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 空飛ぶタイヤ  池井戸潤  講談社 
tb: --   cm: 0

瀬尾まいこ 『幸福な食卓』 読了  

幸福な食卓佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。
それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。


幸福な食卓 / 瀬尾 まいこ
文庫:288ページ
出版社:講談社
発売日:2007/6/15
価格:¥520


「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」

約3日くらいで読了。 ※ネタバレあり。
図書館で見つけたので借りてきました。瀬尾作品は大好きだけど、この小説の後半の展開にはビックリさせられました(´ω`)

【登場人物】
中原佐和子…主人公。当初、中学二年生。
中原直…佐和子の兄。「青葉の会」で農業に携わっている。
父さん…「教師」と「父さん」を辞めて受験生になる。5年前に自殺未遂した。最終的に塾の講師になっている。
母さん…家を出て一人で暮らしているが、ご飯を作りに来たりする。父さんの自殺未遂以後、一緒にいることに緊張するようになってしまったため。
坂戸君…中学の時に、佐和子のクラスにきた転校生。本当は鯖が嫌い。
小林ヨシコ…直ちゃんの彼女。彼氏が何人もいるらしい。お土産にサラダ油のセットを持ってくる。佐和子が落ち込んだ時にシュークリームを作ってくれる。
大浦君…佐和子と塾で出会い、後に付き合い始める。佐和子にクリスマスプレゼント(マフラー)を送るため新聞配達のバイトをして、その途中に交通事故に遭い亡くなる。

父さんを辞める宣言も驚いたけど、大浦君が死んでしまったのが一番驚きました。予想外すぎる! 佐和子がかわいそうで、後半けっこう辛かった(;ω;)
大浦君が死んでしまい、優しくしてくれる家族にまで当たってしまう佐和子を見て直ちゃんがポツリと言った一言が印象に残りました

「そんなこと言うほど、佐和子は傷ついてるんだね」

佐和子の編んだマフラーは大浦君の弟が使ってくれることになりました。
ちょっと変わってるけど、お互いを思いやる優しい家族のお話。面白かったです。


【目次】
幸福な朝食
バイブル
救世主
プレゼントの効用
  解説 うえやなぎまさひこ

category:

tag: 幸福な食卓  瀬尾まいこ  講談社 
tb: --   cm: 0

池井戸潤 『ルーズヴェルト・ゲーム』 読了  

ルーズヴェルト・ゲーム「一番おもしろい試合は、8対7だ」 野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。
監督に見捨てられ、主力選手をも失ったかつての名門、青島製作所野球部。創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、挫折を経験したひとりの男だった。
一方、社長に抜擢されて間もない細川は、折しもの不況に立ち向かうため、聖域なきリストラを命じる。廃部か存続か。繁栄か衰退か。人生を賭した男達の戦いがここに始まる。



ルーズヴェルト・ゲーム / 池井戸 潤
単行本:450ページ
出版社:講談社
発売日:2012/2/22
価格:¥1,680


「会社の数字には、ヒトの数字とモノの数字がある。
 仕入れ単価を抑えるといったモノの数字ならいくら減らしてもかまわん。
  だが、解雇を伴うヒトの数字を減らすのなら、経営者としての"イズム"がいる」




約2日で読了。 ※ネタバレあり。
池井戸さんの新作は社会人野球のお話でした。
野球で一番面白いといわれているスコアは八対七。フランクリン・ルーズヴェルト大統領がいったのが起源の「ルーズヴェルト・ゲーム」という単語、私は初めて聞きました。

不況による注文の減少、銀行からの野球部廃部の打診、ミツワ電器からの合併話、カメラのイメージセンサー開発競争。
頭が痛くなるような問題が多いけど、池井戸作品は最終的にハッピーエンドが多いので今回も大丈夫だろうと思って読みました。

最初は野球部の監督ともっとモメたり、笹井さんが裏切り者になるのかと思っちゃった。細川社長とか、青島製作所は良い人ばかりでした。疑ってすみません(゜ω゜*) 笹井さんのこのセリフがかっこ良かったです。

「私は、この会社の社員であることを誇りに思っています。
 ミツワ電器の社長より、青島製作所の一兵卒でありたいと、そう思っています」


細川たちが断ったら、坂東は株主を動かして合併しようとしてきました。坂東は口が上手いから、話に乗せられちゃう竹原の気持ちも分かる。

株主のドンとして登場したキド・エステートの志眞さん。最後に自社で野球部作っちゃうとは思わなんだ。しかも試合の時にベンチにいるみたいだし(笑) 直感に優れた人だから、青島製作所の最後の試合を観に行ってビビッとくるものがあったんでしょう。
青島製作所の野球部は廃部になったけど、野球部の皆が路頭に迷わなくて良かった!(・∀・)☆


【登場人物】

◆青島製作所

三上文夫…総務部長 兼 野球部長。
細川充…社長。
青島毅…創業者で会長。野球好き。
笹井小太郎…専務。野球嫌い。
豊岡太一…営業部長。
朝比奈誠…製造部長。アンチ野球部。
中川篤…経理部長。
広野…人事課長。
村井修伍…製造部副部長。
神山謙一…技術開発部長。
仲本有紗…細川の秘書。
長門一行…梱包課の課長。野球部応援団長。
木田珠子…梱包課。長門の部下。
柿本…総務部。三上の部下。
吉川光義…ロジスティック部門の課長。人員整理の対象者。口がもとる。
西野…係長。長門の部下。野球部応援団副団長。
山崎美里…チアリーダー。
真木…技術開発部のリーダー。
橋詰佐代…食堂のおばちゃん。

◆青島製作所 野球部
古賀哲…マネージャー。総務部人事課。
大道…監督。元高校野球の監督。
北大路犬彦…一番・ショート。梱包課。
二階堂…二番。セカンド。
須崎…三番・サード。
鷺宮…四番・レフト。
円藤…五番・ファースト。
伊坂耕作…キャプテン。捕手。総務部庶務課。
猿田洋之助…ベテラン投手。
倉橋一平…二番手ピッチャー。
萬田智彦…ピッチャー。製造部。故障で退職する。
松崎…コーチ。
仁科京介…センター。
水木万作…控え捕手。
岡田
荒井
三雲保太郎…チームドクター。

◆青島製作所 製造部野球チーム
沖原和也…元高校球児。如月を殴って不祥事を起こし、野球部を去った。
田川
高木
武藤…製造部主任。
植木…ピッチャー。
吾妻…二番手ピッチャー。

◆ミツワ電器 野球部
村野三郎…青島製作所野球部の元監督。ミツワ電器の監督になる。
如月一磨…エース。高校の時に沖原に執拗な嫌がらせをして殴られた。
飯島健太…元青島製作所のエース。ミツワ電器に移籍。
新田達彦…元青島製作所の四番打者。ミツワ電器に移籍。
鳴沢…スラッガー。

◆白水銀行
磯辺…府中支店の支店長。
林田…融資課長。

◆その他
坂東昌彦…ミツワ電器社長。
茶屋功…大道を監督に推薦する。かつては大学野球の名監督。アマチュア野球界のご意見番。
諸田清文…ジャパニクス社長。経団連副会長。
水上…ジャパニクス購買部長。
西藤…月刊野球の記者。
三浦…東洋石油のエース。
兼島孝三…二葉西高校(沖原の母校)の元監督。
大槻真之…東洋カメラで購買を統轄する役員。
城戸志眞…キド・エステート(不動産業)の社長。青島会長の遠縁。青島製作所の株主。
河本…ミツワ電器執行役員。坂東の右腕。
竹原研吾…専門商社の部長代理。株で損をしたため青島製作所の株を売りたいと思っている。

【目次】
プロローグ
第一章 監督人事
第二章 聖域なきリストラ
第三章 ベースボールの神様
第四章 エキシビジョンゲーム
第五章 野球部長の憂鬱
第六章 六月の死闘
第七章 ゴシップ記事
第八章 株主総会
最終章 ルーズヴェルト・ゲーム
エピローグ

category:

tag: ルーズヴェルト・ゲーム  池井戸潤  講談社 
tb: --   cm: 0

綾辻行人 『水車館の殺人』 読了  

水車館の殺人古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。そして妻は幽閉同然の美少女。ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く。密室から男が消失したことと、1年前の奇怪な殺人とは、どう関連するか?

水車館の殺人 / 綾辻 行人
文庫:357ページ
出版社:講談社
発売日:1992/03
価格:¥620


(父は幻視者だった……)



約2日で読了。館シリーズの2作目。
あー怖かった&面白かった。綾辻先生の文章好きだわ~(‘∀‘) 簡単な感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 水車館の殺人  綾辻行人  講談社 
tb: --   cm: 0

『水の柩』、読了  

水の柩私たちがあの場所に沈めたものは、いったい何だったのだろう。五十数年前、湖の底に消えた村。少年が知らない、少女の決意と家族の秘密。誰もが生きていくため、必死に「嘘」をついている。

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。
「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で少年には何ができるのか。


水の柩 / 道尾 秀介
単行本:290ページ
出版社:講談社
発売日:2011/10/27
価格:¥1,575


絶対に、無意味なんかじゃない。
きっと、何かが変わってくれる。




ディズニー旅行の前後2日くらいで読みました。
道尾さんの文章は読みやすいのでサクサクいけました。『月と蟹』に少し似てるけど、あの小説より爽やかな読み心地でした(^ω^) 感想は続きで▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 水の柩  道尾秀介  講談社 
tb: --   cm: 0

『名前探しの放課後』上・下、読了  

名前探しの放課後・上 名前探しの放課後・下

不可思議なタイムスリップで三ヵ月先から戻された依田いつかは、これから起こる“誰か”の自殺を止めるため、同級生の坂崎あすならと“放課後の名前探し”をはじめる。

名前探しの放課後(上・下) / 辻村 深月
単行本:342ページ / 358ページ
出版社:講談社
発売日:2007/12/21
価格:各¥1,470


「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。――自殺するんだ」
「信じられないだろうけど、俺」

「誰」
「誰が死ぬの」




約1週間ほどで読了。
上巻は「もう少しコンパクトにまとめられるんじゃね?」と思いながら読了。下巻に入ってから「ここが伏線だったのかw」と驚き、上巻が丁寧に書かれていた理由が分かる…という、いつも"辻村"パターンでした(´▽`;) 毎回引っ掛かる自分に笑えてくる。

なかなか面白かったけど、辻村作品を初読みの人には意味不明なラストかも(汗)
『ぼくのメジャースプーン』を読んでから手に取ることをお勧めします。では感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 名前探しの放課後  辻村深月  講談社 
tb: --   cm: 0

『NO.6』 #9、読了  

NO6-9.jpg崩壊する矯正施設から間一髪脱出した紫苑は、瀕死のネズミを救うため、イヌカシ、力河とともに市内に突入した。そこでNO.6にまつわる全てを知った紫苑は、人間の未来をかけて『月の雫』に向かう。

NO.6 #9 / あさの あつこ
単行本:210ページ
出版社:講談社
発売日:2011/6/14
価格:¥998


「再会を必ず、紫苑」



約1日で読了。
未来都市「NO.6」を舞台に、2人の少年の運命的な出会いを描いた作品の最終巻です。ついに結末が読める…! ということで図書館から帰る道でもニヤニヤしてました(笑)

私はこのシリーズを読み始めたのが2009年9月なので、初期から読んでる人に比べると待った時間は短いですがね…。8巻~9巻の間が長かったよねw
落ち着くべきところに落ち着いたという印象で、驚きの展開はなかったけど面白かったです。ノイタミナで放送されるアニメが楽しみ(・∀・) 感想は続きで▼
-- 続きを読む --

category:

tag: NO.6  あさのあつこ  講談社 
tb: --   cm: 0

『麒麟の翼』、読了  

麒麟の翼寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

麒麟の翼 / 東野 圭吾
単行本:330ページ
出版社:講談社
発売日:2011/3/3
価格:¥1,680


「こんな中途半端な形で事件を終わらせても、
  誰も救われない。何としてでも、真相を突き止めるぞ」




約2日で読了。
東野作品を図書館で予約すると、全く別の時期に予約したにも関わらず、なぜか毎回重なって届きますw はぁ~不思議(゜σ゜)

今度は「加賀恭一郎」シリーズ。TVの影響で阿部寛さんで各場面を想像してしまったw この作品は既に映画化が決まってるんですね。早いな~。しかもヒロイン役がガッキーなんだって(・v・)

今回はなぜか早々に「コイツ犯人だな」という人物が分かっちゃったんだけど、犯人逮捕に至るまでの鋭い推理を楽しく読ませてもらいました。感想は続きで▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 麒麟の翼  東野圭吾  講談社 
tb: --   cm: 0

『ぼくのメジャースプーン』、読了  

ぼくのメジャースプーン「ぼく」は小学四年生。不思議な力を持っている。忌まわしいあの事件が起きたのは、今から三ヵ月前。「ぼく」の小学校で飼っていたうさぎが、何者かによって殺された……。
大好きだったうさぎたちの無残な死体を目撃してしまった「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに全ての感情を封じ込めたまま、今もなお登校拒否を続けている。
笑わないあの子を助け出したい「ぼく」は、自分と同じ力を持つ「先生」のもとへと通い、うさぎ殺しの犯人に与える罰の重さを計り始める。「ぼく」が最後に選んだ答え、そして正義の行方とは!?


ぼくのメジャースプーン / 辻村 深月
新書:344ページ
出版社:講談社
発売日:2006/4/7
価格:¥1,019


ふみちゃん。ぼくは全然、正しくなんかないんだ。



約3日で読了。
『子どもたちは夜と遊ぶ』を読んだ後、手にとって良かった=3 じゃないと登場人物のリンクが妙なことになっちゃうもん。
この小説を読んだ人が、辻村版『罪と罰』だと言ってるのを見ました。私はドストエフスキー版が未読なので比べようがないんだけど(汗)、この本を読んで興味が出てきました! いつか読むぞ。では簡単な感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: ぼくのメジャースプーン  辻村深月  講談社 
tb: --   cm: 0

『十角館の殺人』、読了  

十角館の殺人半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の7人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生きて残るのは誰か?犯人は誰なのか? 鮮烈なトリックとどんでん返しで推理ファンを唸らせた新鋭のデビュー作品。

十角館の殺人 / 綾辻 行人
文庫:375ページ
出版社:講談社
発売日:1991/09
価格:¥620


「島へ渡ったメンバーはみんな、
    そういうニックネームを持ってた連中だったんですよ」




約3日で読了。
これがデビュー作とは…綾辻さんの才能って恐ろしいわ。面白かったので、今後綾辻作品を読み進めていこうっと(・v・) 感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 十角館の殺人  綾辻行人  講談社 
tb: --   cm: 0

『シューマンの指』、読了  

シューマンの指シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。
卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。
そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。


シューマンの指 / 奥泉 光
単行本:322ページ
出版社:講談社
発売日:2010/7/23
価格:¥1,680


永嶺修人のピアノを、私は生涯に三度聴いた。



約2日で読了。
疲れたぁぁ~~。今までにも音楽絡みの小説を何冊か読んできたけど、これが一番疲れたε=(´д`) この本の一番良いところは、血のついた表紙(装幀)だと思いますw 簡単な感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: シューマンの指  奥泉光  講談社 
tb: --   cm: 0

『子どもたちは夜と遊ぶ』上・下、読了  

子どもたちは夜と遊ぶ・上 子どもたちは夜と遊ぶ・下

優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。
同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。


子どもたちは夜と遊ぶ(上・下) / 辻村 深月
新書:352ページ /  384ページ
出版社:講談社
発売日:2005/5/10
価格:¥1,040 / ¥1,103


「――その時はお前に謝りにくるよ。思う存分殴っていい」
*
「出掛けるの?」
「ちょっと人を殴りに」



読了まで約7日かかってるけど、実際読んでたのは4日くらい。
(なるべく刊行順で)辻村深月作品の制覇に挑戦中なので、上下巻あるのを読み終わってホッとしました。あらすじを読んで想像してた内容とはかなり違ったけど、面白かったです(・v・)
思ってた以上にいろんな要素が含まれてましたね…。本の表紙の意味も分かりました。ではネタバレ感想は続きで▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 子どもたちは夜と遊ぶ  辻村深月  講談社 
tb: --   cm: 2

『古道具屋皆塵堂』、読了  

古道具屋皆塵堂実家の道具屋を継ぐため、太一郎は曰くつきの品が集まる「皆塵堂」で修業することになった。
だが幽霊なんて信じないとうそぶく太一郎の周りで、痩せ刀や美しい蒔絵櫛などにまつわる不思議な出来事が次々と巻き起こる。店主の伊平次や幼なじみの巳之助に助けられ、太一郎は思い出せない自らの過去を追うが――。

商売道具は“憑き物”だらけ。幽霊なんか、大っきらいなのに! 切なくて、ほんのりおかしい人情怪談騒動記。


古道具屋皆塵堂 / 輪渡 颯介
単行本:266ページ
出版社:講談社
発売日:2011/2/24
価格:¥1,575


「あれで隠しているつもりなのか……。
  面白そうだから、本人が認めるまで黙って見ているかな」




約1日で読了。江戸の古道具屋が舞台だったので、『しゃばけ』みたいなものを想像してたけど、これはもっとアッサリした作品でした。感想は続きで▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 古道具屋皆塵堂  輪渡颯介  講談社 
tb: --   cm: 0

『大空のサムライ』上・下、読了  

大空のサムライ・上 大空のサムライ・下

世界でもっとも速く強かった、撃墜王・坂井三郎と戦友たちの迫真の記録。知られざる坂井三郎出撃記録や写真、用語解説等も新たに付け加えた決定版。

大空のサムライ(上) 死闘の果てに悔いなし
大空のサムライ(下) 還らざる零戦隊    / 坂井 三郎
文庫:392ページ / 408ページ
出版社:講談社
発売日:2001/4/19
価格:各¥924



約4日で読了。
『永遠の0』の解説で、児玉清さんが坂井さんの著書について熱く語っていたのが気になり読んでみました。かなり昔に書かれた本なので、読みにくいんじゃないか…と危惧していたけど、坂井さんの文章は軽妙でグイグイ読めました。
やはり実際に戦闘機に乗っていた人の手記はスゴイですなぁ。空戦はドキドキ・ハラハラの連続です。戦友と冗談を言い合う様子、階級を超えた友情、各基地の様子や戦況などなど…とても面白かったです。では簡単なネタバレ、目次は続きでどうぞ▼

-- 続きを読む --

category:

tag: 大空のサムライ  坂井三郎  講談社 
tb: --   cm: 0

『永遠の0』、読了  

永遠の0日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。
人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。
元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り…それが祖父だった。
「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか? 健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。


永遠の0 / 百田 尚樹
文庫:608ページ
出版社:講談社
発売日:2009/7/15
価格:¥920


「宮部教官は日本に必要な人です。死んではいけない人です。」



約3日で読了。面白かったー!!
私の「戦争モノは苦手」という考えを払拭した素晴らしい作品でした。
勉強になるし、話に引き込まれた~。読了後は意外にも清々しい気分になりました。
解説が児玉清さんなのが嬉しい(´v`) 児玉さん、とても熱かったデス(笑)
続きで適当なネタバレを書いておきます▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 永遠の0  百田尚樹  講談社 
tb: --   cm: 0