同期 - sailing day

sailing day

『同期』、読了  

同期“願いはただ、同期を救うことだけ。” ウチコミの最中に逃走した暴力団員から発砲された警視庁捜査一課の宇田川を間一髪で救ったのは、同期の公安刑事だった。直後、その男は懲戒免職になり姿を消す。
その彼が、連続殺人の容疑者に。「教えてくれ。おまえはいったい何者なんだ」男たちの前に立ちはだかる最も高い壁―組織の論理。その壁を突破するのは、刑事たちの誇りと絆。現時点での集大成ともいえる最新警察小説、登場。


同期 / 今野 敏
単行本:389ページ
出版社:講談社
発売日: 2009/7/17
価格:¥1,680


読みやすい文章だけど、3~4日かかりました。結構面白かったなぁ~。
話の中心が警察の特別捜査本部&その周辺の会話なので、登場人物がオジサンばっかり。皆良い味出してました^^ なんか上手く感想をまとめられない本です…w 覚書用のネタバレ感想は続きでどうぞ▼
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: 同期  今野敏  講談社 
tb: --   cm: 0