乙一 - sailing day

sailing day

『箱庭図書館』、読了  

箱庭図書館少年が小説家になった理由。
コンビニ強盗との奇妙な共同作業。
ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。
謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。
ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。
雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。

集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。


箱庭図書館 / 乙一
単行本:304ページ
出版社:集英社
発売日:2011/3/25
価格:¥1,365


"それとも ぼくたち それぞれ だれかを さがしてたのかな"



約半日で読了。
これは読者から募集した投稿作を乙一さんがリメイクして書いた本です。小説のネタ自体は「乙一オリジナル」じゃないけど、なかなか面白かった。簡単な感想は続きで▼
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: 箱庭図書館  乙一  集英社 
tb: --   cm: 0

『暗いところで待ち合わせ』、読了  

暗いところで待ち合わせ力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。
犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。


文庫:262ページ
出版社:幻冬舎
発売日:2002/04
価格:¥520


約1日で読了。怖いお話かと思って読んだら、最後は優しい気持ちになれる作品でした。日常に潜む殺意を書くのも上手いけれど、こういう作品も素敵ですね。さすが乙一さん。短いネタバレ感想は続きでどうぞ▼

-- 続きを読む --

category:

tag: 暗いところで待ち合わせ  乙一  幻冬舎 
tb: --   cm: 0

『夏と花火と私の死体』、読了  

夏と花火と私の死体九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。
次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか? 死体をどこへ隠せばいいのか? 恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才能・乙一のデビュー作、文庫化なる。第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作。


文庫:223ページ
出版社:集英社
発売日:2000/05
価格:¥440


約1日で読了。乙一作品を読むのは4作目です。これがデビュー作なんですねー。16歳でこれを書いたとは驚きの一言ですw 当初から非日常な出来事を日常的に、淡々と描くのが上手いですなぁ。
この本には表題作と『優子』の2編を収録。適当なネタバレ感想は続きでどうぞ▼

-- 続きを読む --

category:

tag: 夏と花火と私の死体  乙一  集英社 
tb: --   cm: 0

『ZOO』、読了  

ZOO 乙一いま最も注目される若手ナンバーワン、乙一の魅力爆発の短編集。毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か? 「犯人探し」に奔走する男を描く表題作他、書き下ろし新作を含む10編収録。

ZOO / 乙一
単行本:333ページ
出版社:集英社
発売日:2003/06
価格:¥1,575


いかにも乙一作品!といった10編を収録。どれも非日常的でゾクッとするけれど、それを淡々と書いて「普通」に感じさせてしまうのがスゴイ。面白かった~^^
特に『冷たい森の白い家』と『SEVEN ROOMS』が怖かったです。短いネタバレ感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: ZOO  乙一  集英社 
tb: --   cm: 2

『GOTH』 夜の章・僕の章、読了  

GOTH夜の章GOTH僕の章
夜の章
森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。
もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。

僕の章
この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ―そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」という言葉で。人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。

GOTH (夜の章・僕の章) / 乙一
文庫:190ページ / 253ページ
出版社:角川書店
発売日:2005/6/25
価格:¥460 / ¥500


約3日で読了。あいからわずスイスイ読める作品なんだけど、私の体力が落ちていたため時間がかかってしまいました。
ヒョイッと騙される感じが読んでて面白い。結構好きな作品です。少し涼しい気持ちになれるので、夏には良いんじゃないでしょうか。ネタバレ感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: GOTH  乙一  角川書店 
tb: --   cm: 2

『死にぞこないの青』、読了  

死にぞこないの青飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。

死にぞこないの青 / 乙一
文庫:212ページ
出版社:幻冬舎
発売日:2001/10
価格:¥480


断続的に読んで2日で読了。短いのですぐ読めますね~。
私的にはこの小説の主人公のような大人し~くて地味~な子のお話って苦手ですw 内容もずっと暗いし。でも最後まで「どうなるんだろう」と気になって続きを読ませるのが乙一さんの手腕でしょうか。ではネタバレ感想は続きでどうぞ▼
-- 続きを読む --

category:

tag: 死にぞこないの青  乙一  幻冬舎 
tb: --   cm: 2