グラーグ57 - sailing day

sailing day

『グラーグ57』上・下、読了  

グラーグ57・上 グラーグ57・下
運命の対決から3年―。レオ・デミドフは念願のモスクワ殺人課を創設したものの、一向に心を開こうとしない養女ゾーヤに手を焼いている。
折しも、フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者を地獄へと送り込む。そして、その魔手が今、レオにも忍び寄る…。世界を震撼させた『チャイルド44』の続編、怒涛の登場。


グラーグ57(上・下) / トム・ロブ・スミス
文庫:382ページ / 365ページ
出版社:新潮社
発売日:2009/8/28
価格:¥700 / ¥700


『チャイルド44』の続編で、最終的に3部作になるらしいです。前回の装丁(赤)もカッコよかったけど、青も良いですね~^^
今回もレオに与えられる試練はハンパなくて、あと一歩で死ぬw という場面が何度も出てきます。映画を観ているような文章で実にドラマティック。スピードと緊迫感があって上下巻一気読みでした。

初見でもそれなりに楽しめるだろうけど、前作を読んでから読むとより一層面白いと思います。今回もガンガン人が死んでいくので、それが苦手な人にはキツイ?かもしれないけど、お勧めの本です^^ ではネタバレ感想は続きでどうぞ▼
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category:

tag: グラーグ57  トム・ロブ・スミス  新潮社 
tb: --   cm: 2